金沙投注体育_线上游戏官网~

图片

東北学院大学

東北学院大学博物館

新着情報

一覧

概要?あいさつ

東北学院大学博物館は、本学土樋キャンパスに隣接し、仙台中心部の愛宕上杉通りに面して建つ大学博物館である。当館は、本学の教育、研究成果に関わる学術的価値を有する資料を収集整理、保管、公開、普及し、本学の活動を社会的に伝えることを目的としている。また、大学博物館における博物館学芸員資格課程の実習施設としての役割を担い、実物資料を用いた学習機会を提供する。

建築は鉄骨平屋建で、建物面積は約300㎡である。展示室面積180㎡、実習室面積80㎡、収蔵庫面積30㎡に、事務室、トイレ等で構成される。

ご挨拶

東北学院大学博物館は、東北学院大学で生まれた教育研究の成果や、そのなかで集められた学術資料を社会の皆様に公開する、社会に対する本学の「窓」となる施設です。また同時に、学芸員を目指す学生たちの実習教育の場でもあります。

平成21年11月17日の開館以降、文学部歴史学科での成果をはじめ本学の様々な教育研究活動を展示としてご紹介するとともに、東日本大震災で被災した博物館や文化財のレスキューにも精力的に取り組むなど、地域社会の中での活動にも参加してきました。大学の博物館であり、かつ地域中の博物館として、これからも役割を果たしていきたいと考えています。引き続きご理解、ご支援たまわりますよう、お願い申し上げます。

東北学院大学博物館 館長 永田 英明

関連リンク