金沙投注体育_线上游戏官网~

图片

東北学院大学

東北学院大学

東北学院の「建学の精神」

東北学院の三校祖、押川方義、W?E?ホーイ、D?B?シュネーダーは、東北学院の建学の精神を、宗教改革の「福音主義キリスト教」の信仰に基づく「個人の尊厳の重視と人格の完成」の教育にあるとした。

その教育は、聖書の示す神に対する畏敬の念とイエス?キリストにならう隣人への愛の精神を培い、文化の発展と福祉に貢献する人材の育成を目指すものである。

東北学院の礎を築いた三校祖

初代院長 押川方義
(1850-1928)

松山藩士橋本家の三男として生まれ、押川家の養子となる。横浜の英学校でキリスト教に触れ1872(明治5)年バラより受洗。日本最初のプロテスタント教会である日本基督公会を組織する。1886(明治19)年、ホーイとともに仙台神学校を創設。5年後(1891(明治24)年)に東北学院と改称する。翌年初代院長に就任し、1901(明治34)年に辞任。以後も東北学院顧問として終生関わりを持つ。

初代副院長 W?E?ホ一イ
(1858-1927)

アメリカ?ドイツ改革派教会宣教師。米国ランカスター神学校卒。1885(明治18)年来日する。押川らと共に翌年、仙台神学校、宮城女学校(宮城学院)を創立。1892(明治25)年東北学院副院長に就任。1899(明治32)年学院を辞し、中国湖南省で伝道を開始する。

二代院長 D?B?シュネーダー
(1857-1938)

アメリカ?ドイツ改革派教会宣教師。米国 ランカスター神学校卒。 1887(明治20)年来日。翌年、仙台に着任し、創立されたばかりの仙台神学校教授として押川、ホーイを助ける。 1901(明治34)年には第二代院長に就任。35年におよぶ 在職中、東北学院を私塾的存在から中学部、高等学部、神学部と整った学制のキリスト教教育機関として発展成長させた。東北学院中興の祖。

学校法人 東北学院

本学教育の理念?目的

(東北学院大学学則第1章第1条)

東北学院大学は、キリスト教による人格教育を基礎として、広く知識を授けるとともに深く専門の学芸を教授研究し、知的、道徳的及び応用的能力を展開させ、もって世界文化の創造と人類の福祉に寄与することを目的とする。

スクールモットー
「LIFE LIGHT LOVE」

東北学院の「建学の精神」を象徴するスクールモットー、「LIFE LIGHT LOVE」とは、イエス?キリストの「命(いのち)」?「光(ひかり)」?「愛(あい)」を指します。キリストの命が私たちに与えられ、キリストの光が私たちを照らし、キリストの愛が私たちを包んでいます。それゆえ私たちもまた人々の命のために仕え、人々に光を与えるために働き、人々を自 分のように愛するのです。これは聖書を根拠にした本院に関係するすべての人々に対する教えであり、本院の創設時から大切にされてきた言葉です。

  • LIFE(いのち)とは、
    有限な生命体の命と、神が自らの似姿として創造された個人の尊厳を互いに大切にすることです。
  • LIGHT(ひかり)とは、
    学問や科学の成果によって新しい時代を切り開くことです。
  • LOVE(あい)とは、
    隣人愛をもって地域や世界に仕えることです。